【関東】水廻りメンテナンス

千葉県印旛郡にて水廻りのメンテナンス


本日は千葉県印旛郡のお客様宅に水廻りのメンテナンスに伺いました。礎コンクリートの劣化を示す白華現象、ジャンカ現象についてお話ししましたが今回それに似た針状結晶という現象を見つけたのでご紹介いたします。

これまでお家のメンテナンスは早めに行いましょうという話をしてまいりましたが今回は特に劣化の進行が著しい現場でしたのでご紹介いたします。
今回のお話をもとに皆様に定期メンテナンスの重要性が伝われば幸いです。

こちらはキッチンの写真ですがフローリングがすっかり変色して一部めくれたりカビが生えてしまっています。
はじめはほんの染みだったものが生活上問題はないからとついつい後回しにしてしまったのだそうです。

キッチンキャビネットの排水蛇腹付近を見てみるとフローリング以上にキッチンキャビネットが傷んでおります。
おそらくここから水が漏れていたのでしょう。

室内から見ただけでもかなりの傷みだったので床下を点検してみたところかなり広範囲にまで水染み、カビが発生してしまっています。
これだけ木材が傷んでいればシロアリ被害が併発していてもおかしくありません。

キッチンの水染みをもっと早くに対処していればここまで被害が拡大することもなかったでしょう。
忙しいから、日常生活に支障がないからとメンテナンスを先延ばしにしているといつかしっぺ返しを食らうことになります。
日々の生活を支えてくれるお家のためにも定期的なメンテナンスを習慣づけるようにしましょう。

CONTACT

サービスに関するご質問、ご相談、お気軽にお問い合わせ下さい。