富山県高岡市で破風板のメンテナンス

本日は富山県高岡市にて屋根の修繕のご相談に伺いました。
屋根といっても破風という部分のご相談でした。
破風とは屋根と外壁の間にある部材のことで風や雨の吹込みを防ぐためや万が一火災が起きたときに火の手を回りにくくするといった役割のものです。(ちなみに軒樋がついている方は鼻隠しと呼びます)

破風は屋根と同様、日光や風雨に常にさらされているため屋根同様にメンテナンスが必要なのですがこちらのお客様宅では表面の塗膜は剥がれ下地までボロボロになってしまっています。

幸い下地木材までは傷んでいなかったため、今回は下地木材までを撤去し板金を新たに施工するようご提案させていただきました。

破風板は目立ちにくい場所ですが定期的にメンテナンスを行うことで長持ちさせることができます。

素材によってメンテナンス方法や時期が異なりますのでどのようにしたらいいのかわからないという方はお気軽にご相談ください。
当社NEXT STORIESでは屋根や外壁の工事を承っているさいに合わせて点検・修繕も行っております。

CONTACT

サービスに関するご質問、ご相談、お気軽にお問い合わせ下さい。